手の指にアナフィラキシー、原因を知り抗アレルギー薬を

食物アレルギーであるアナフィラキシーは特定の食物を取り入れたときに発症します。そのためにはアナフィラキシー原因となる食品を徹底的に避ける必要があります。それは口から取りいれることはもちろんのこと、石鹸や化粧品などからも取り入れることがないように注意が必要です。最近の調査によるとアレルギー反応は体内だけでなく皮膚が反応する可能性もあることがわかっています。アレルギーの原因となる食品が肌に触れることでも症状が出るのはそのためです。またアナフィラキシーにより発疹が手の指に出ることもあります。手の指は皮膚が敏感な場所でもあります。特に指と指の間は皮膚が柔らかいので注意が必要です。アナフィラキシー原因となるものを避けることは時として難しい場合があります。学校の給食などで入っていることがあります。その様な場合はあらかじめ学校側に食指示を提出することが必要です。また外食する場合は細心の注意を払わなければいけません。ある女性はアナフィラキシーを患っていましたが、アイスクリームを食べてアナフィラキシーショックが出ました。原因は乳製品に含まれていたわずかな成分でした。ですからアナフィラキシー原因を避けるためには外食は控えることで、気づかぬうちに食べてしまうことを避けられます。このようにわずかであっても体が反応することがあります。またうっかりして食べてしまった場合は抗アレルギー薬を直ちに服用する必要があります。症状が重い場合は抗アレルギー薬の注射を打たなければいけません。ですからアナフィラキシーがあるならいつも抗アレルギー薬を携帯しておくことが大切です。対応が遅れると呼吸困難になることさえあります。