ジルテックのジェネリックは通販を利用するとお買い得

アレルギー性の皮膚疾患や花粉症にたいへんよく効く薬にジルテックという抗ヒスタミン薬があります。ジルテックは、花粉症治療においてかなり効果作用の強い薬ですが、服用した際に副作用として強く眠気が襲ってくることから、自動車の運転や危険を伴う機械の操作、高所での作業などは避けなければならないとされています。それに加えて、飲酒するとひどい眠気に襲われるため、さらなる注意が必要となります。
ジルテックの主な有効成分はセチリジンというものです。これは、アレルギーの症状を起こすヒスタミン受容体をブロックしてくれ、それによって症状を抑えてくれるようになっています。このジルテックには、効果作用をほぼ同じにして副作用の眠気だけを抑えた、同じ抗ヒスタミン系のザイザルという薬が開発されています。ザイザルは市販されていないため、医師の処方で手に入れるしかありません。また、ジルテックにはジェネリック医薬品が出されていて、こちらも効果作用に変わりはありません。安価な価格設定なので、服用を長く続けていこうとするなら、こちらを選んだほうが割安です。

→→セチリジンの特徴を見る
外部サイトへジャンプします

ジルテックの種類

ジルテックには5ミリグラムの錠剤と10ミリグラムの錠剤があり、粉末状のドライシロップ1.25%というものもあります。ジェネリック医薬品としては、セチリジン塩酸塩錠の5ミリグラムの錠剤と10ミリグラムの錠剤があります。また、ドライシロップのセチリジン塩酸塩1.25%もあります。
ジルテックには市販薬もありますが、15歳以上が対象となっているので、子どもは服用できません。また、一般の通販サイトでは販売されていないためネットなどで手軽に購入することができず、街のドラッグストアなどへ赴いて手に入れるしかありません。
子どもの場合は、錠剤が7歳以上、ドライシロップが2歳以上から服用できる処方薬を、医師に処方してもらって手に入れることになります。

偽物の医薬品を取り扱う通販サイトの特徴は?

ジルテックやジルテックのジェネリック医薬品は一般によく知られているような通販サイトでは購入できません。しかし、医薬品専門の通販サイトにおいて個人輸入という形で購入することができます。通販で購入すると、病院で処方されるのとは違って、診察料などが含まれないので、かなり安価に手に入れることができます。ただし、トラブルなども多くあることから、自己責任において慎重にやらなければなりません
現在、もしジルテックを安く大量に手に入れたいというのであれば、医薬品専門の通販サイトにおいて、ジルテックと変わらない効果作用が得られるジェネリック医薬品を個人輸入で購入する方法が一番よい方法といえるようです。一度に購入できる量は60日分の量であるとされています。
個人輸入だと、海外サイトから購入するときはメールのやり取りで語学力が必要になったり、怪しげなサイトとの見分けが難しかったりするため、個人輸入代行業者に依頼するという方法もよくとられます。ジルテックの海外におけるジェネリック医薬品には、イギリスのグラクソ・スミスクライン製のセチリジンやインド製のインシッド、トルコ製のヒトリジンなどがよく知られています。
ジルテックのジェネリック医薬品の中で一番人気のあるのはセチリジンで、ジルテックの市販薬となっているコンタック鼻炎Zの5分の1ほどの値段で手に入り、価格格差があることから、ジェネリック医薬品のまとめ買いがどれほど格安かわかります。
ただし、注意しなければならないのは、医薬品専門の通販サイトを装った怪しげなサイトがあって、偽物の薬を販売していることです。だれもが知っているような製薬会社のジェネリック医薬品なら安心なのですが、成分保証などもない医薬品もあり、確認が難しいようです。多少費用がかかっても、安心できる大手製薬会社のものを手に入れたほうがよいでしょう。