抗アレルギー薬で眠気が起こる原因

抗アレルギー薬はアレルギーの症状である痒みやくしゃみ、鼻づまりなどを抑える薬です。つらいアレルギーの症状がある人にはとてもうれしい薬ですが、副作用として眠気が起こってしまいます。曽於ため、仕事中は服用を控えたり、車の運転をしないようにすることが必要となります。この眠気は何が原因で起こるのでしょうか。
体内に取り込んだアレルゲンは脂肪細胞に働きかけ、ヒスタミンが放出されます。それがアレルギーの症状の原因となっています。抗アレルギー薬は脂肪細胞からヒスタミンが放出するのを抑える薬剤です。同じようにアレルギー症状を軽減する薬に抗ヒスタミン剤があり、こちらは放出されたヒスタミンの働きを阻害する働きをします。厳密にいえば抗アレルギー薬と抗ヒスタミン剤は別のものなのですが、最近の薬は抗アレルギー薬と抗ヒスタミン剤の作用が一緒になっているものがあり、医療機関でも厳密に区別はしていないようです。
眠気が起こる原因は、体内に放出されたヒスタミンの働きを阻害することで、ヒスタミンが脳内で欠乏してしまうからです。ヒスタミンは脳を活性化する作用があるのですが、不足することにより集中力や判断力の低下や作業の能率が低下してしまいます。その結果、眠気が起こると言われています。
現在では、眠気が起きにくい抗アレルギー薬の開発販売、処方がされています。一般的に、新薬の方が眠気が起きる確率が少なく価格は高いと言われています。その人の体調や体質によって眠気が起きにくい抗アレルギー薬でも眠気が起きる可能性はあります。医師に相談のうえ、自分の体質に合った抗アレルギー薬を使うことでアレルギーの症状とその副作用を抑えるポイントとなるでしょう。

眠気の少ない抗アレルギー薬

アレルギーによる目のかゆみは鼻づまりなどが起きないようにしてくれる抗アレルギー薬ですが、副作用があります。その中に、眠気を催すものがあり、そのような抗アレルギー薬は仕事中や運転中には使えないという欠点があります。
抗アレルギー薬は飲用すると血中に有効成分がとりこまれます。その成分が脳内へ行く量が多いほど、眠気を催すのです。化学伝達物質のヒスタミンがアレルギーを引き起こすため、従来の抗アレルギー薬はこのヒスタミンの働きを阻害するものでした。しかしヒスタミンは脳を活性化するという仕事を担っているので、ヒスタミンの働きが阻害されると脳の働きも阻害されてしまう結果、眠くなってしまうのです。
現在では眠気が少ない抗アレルギー薬も開発販売、処方されているます。第二世代抗ヒスタミン剤と言われる抗アレルギー薬です。この薬は、従来の薬に比べて口が渇いたりめまいや吐き気などの副作用が起こりにくくなっています。抗ヒスタミン剤が脳に届きやすい薬は脳の働きを阻害してしまう可能性が高いため、脳に届きにくいようになっています。
第二世代抗ヒスタミン剤は眠気が少ないことが特徴ですが、薬によって眠気の起きやすさに差があります。自動車運転能力に及ぼす影響は少ないと認められていて、注意書きに「運転等に影響がある」という記載のない薬を選ぶと良いでしょう。花粉症など季節性のアレルギーに使用するときには、あるため花粉飛散の2週間ほど前から服用をスタートし、シーズン中は切らすことなく第二世代抗ヒスタミン剤を服用すると予防効果が期待できます。
新薬は価格が高いですが眠気を抑えるなど副作用が出づらく、古くから使われている薬は価格が安い分、副作用が出づらいという特徴もあります。

抗アレルギー薬の眠気以外の副作用とは?

花粉症などのアレルギー症状を引き起こすヒスタミンの活動を抑え、症状を緩和させる抗アレルギー薬。どの薬にもあるように、抗アレルギー薬にも副作用があります。
一番良く言われるのが、眠気を催すというものです。抗アレルギー薬はヒスタミンの活動を抑えますが、ヒスタミンは脳の活動を活性化させる役割があります。その働きも阻害されてしまうため眠くなってしまい、眠気と同時にだるさを感じることもあります。継続して飲み続けることで眠気やだるさといった副作用は軽減されるとも言われています。
抗アレルギー薬には食欲増進の作用もあります。満腹中枢への刺激がなくなったり、成長ホルモンが脂肪の燃焼を抑えるため太りやすくなる傾向があります。
他にも便秘や下痢、めまいやふらつきといった副作用が報告されています。
眠気が出ることは抗アレルギー薬の副作用ですが、それが効果的な場合もあります。アトピー性皮膚炎の患者は、眠っていても痒みで目が覚めてしまうことがあります。痒みを止めながら眠気を催す抗アレルギー薬は会社で仕事をしたり車の運転をする人にとっては副作用ですが、効果・効能としてとらえられる人もいるのです。
抗アレルギー薬は花粉症など季節性のアレルギー患者にとっては服用期間が数か月に及ぶものになります。長期の服薬については正しい服薬方法を守れば、長期の服薬でも安全性は高いという意見の医師が大半を占めています。しかし、長期の服用の場合には体調の変動は当然のようにあります。元気な時には抗アレルギー薬を使用しても副作用が起こらなくても、調子が悪かったり寝不足などの時には副作用が現れてしまうこともあります。自分の体調の変化をしっかり観察し、なにかあった時には医師に相談するようにしましょう。

■花粉症なんてもう怖くありません
アレグラ
■車を運転する方にオススメ
眠気の少ない抗アレルギー薬
■抗アレルギー薬であるこちらもおすすめ
ジルテック